はあちゅうとしみけんが事実婚を発表!事実婚ってどんなメリットがあるの?

 

ブロガーや作家としても活躍をしているはあちゅうさんがAV男優のしみけんさんと事実婚をされたことが話題になっていますね。

 

ところで、事実婚って結婚とは何が違うのかご存知ですか?

 

  • 特別な手続きがあるの?
  • ちゃんと夫婦として認められるの?
  • 周囲から理解を得られるの?

 

現在では事実婚を選択するカップルは少数ですが

今後、事実婚の認知度が高くなれば

パートナーから「事実婚がしたい」と相談されるかもしれません。

 

事実婚と結婚の違いやメリット・デメリットを理解して、最良の選択ができるようにしておきたいですね。

 

事実婚ってなに?

 

事実婚(じじつこん)とは、婚姻事実関係一般を意味する概念。「事実婚」の概念は多義的に用いられ、婚姻の成立方式としての「事実婚」は「無式婚」ともいい要式婚(形式婚)と対置される概念であるが、通常、日本では「事実婚」は法律婚(届出婚)に対する概念として用いられている。

事実婚 – Wikipedia

 

つまり事実婚とは、法律的な婚姻届を提出せずに事実上の結婚生活を送ることを意味します。

 

婚姻届を提出すれば新しい2人の戸籍が作られますが

事実婚では別々の戸籍のままということですね。

 

 

事実婚に必要な手続き

 

はあちゅうさんは「特別な手続きはなかった」とツイートされている通り、事実婚はお互いが「事実婚です」という認識があればOKです。

 

ただし、事実婚という証明や法的な手続きを受けるために「住民票の変更」と「公正証書の作成」を行うケースが多いようです。

 

住民票の変更

住民票の「世帯変更届」に【夫(未届)】および【妻(未届)】と記載してもらえば事実婚であるという証明になります。

 

公正証書の作成

公正証書とは公証人法に基づいて、法務大臣に任命された公証人が作成する公文書のことです。遺言や契約を結ぶときに利用されますね。

 

「事実婚です」という公的な証明として大きな効果を発揮できるので、健康保険の配偶者加入や手術時の病状説明やサインにおいて配偶者と同じ扱いをしてもらえる可能性が高くなります。

 

事実婚のメリット・デメリット

 

事実婚のメリット

・氏名を変更しなくても大丈夫

法律上の結婚とは異なり、お互いがどちらかの姓に統一する必要はありません。

特に女性にとっては「いろんな変更手続きをしなでいい」「仕事で結婚したことが周知されない」といったメリットがあるでしょう。

 

・関係を解消しても戸籍に残らない

法律上でいう離婚には該当しないため、戸籍に履歴は残ることはありません。

ただし、関係が解消されれば財産分与や慰謝料、養育費などは離婚と同様に発生します。

 

・親族と深い関係をもたなくてもよい

日本での結婚は、現在でも家族同士のつながりが大きいといえます。

 

正月に親族の集まりへ出向かなければならなかったり、

介護やお金の工面など親族同士の付き合いも大変ですよね…

 

事実婚では法律上の結婚ほど親族のしがらみがないケースが多いようです。

 

 

事実婚のデメリット

・子どもの手続きが面倒くさい

事実婚のままで子どもが生まれた場合は母親(未婚)の戸籍に入り、父親は不明となります。

 

親権者を父親にしたかったり、父親の姓を名乗らせたい場合には

父親と子どもの養子縁組を行うか、家庭裁判所に子どもの姓を変更する手続きを行う必要があります。

 

・死別した場合に相続人となれない

事実婚ではお互いの法定相続人となれないため、死別した場合には認知した子どもが相続人となります。

 

もし子どもがいない場合には

本人の親や祖父母、兄弟が相続人となるので配偶者には遺産がまったく相続されないという事態もありえます。

 

・社会保険や健康保険で配偶者としてみなされない場合がある

保険関係では、税金が控除される配偶者控除などのお得な制度を利用できますが、事実婚では適用されません。

 

健康保険では加入している健康保険組合によって対応が違うため事前に確認しておきましょう。

 

 

まとめ

https://www.instagram.com/p/BlR5sQoBXiz/?taken-by=ha_chu

 

最近では事実婚を考えるカップルが増えていますが、周囲の理解が得られないために通常の結婚を選択するケースが多いようです。

 

事実婚を選択する前にメリット・デメリットをパートナーと話し合って幸せな家庭を築いていきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。