2025大阪万博【夢洲(ゆめしま)】開催スケジュールやチケット値段・発売日はいつから?

スポンサーリンク

2025年に開催される国際博覧会(万博)の開催地が日本の大阪に決定しました!

 

2014年の夏に当時の橋下徹市長が構想を打ち出し、松井知事を中心に大阪への誘致を積極的に実施。

ロシアとの決戦投票の結果、見事に大阪に決まりました。

 

東京オリンピック終了後の大きなイベントが決定し、また日本が盛り上がりそうですね!

 

それでは大阪万博2025の開催場所やスケジュール、チケットの販売情報を解説していきます。

スポンサーリンク

大阪万博2025の開催地・夢洲(ゆめしま)とは?

 

大阪万博2025の舞台となるのは大阪市此花区(このはなく)にある人工島・夢洲(ゆめしま)です。

 

 

ユニバーサルスタジオ・ジャパンのすぐ近くですね!

交通のアクセスもかなり良さそうです。

 

阪神高速からでは北港JCTを降りてすぐですが、橋を渡っての入場になるため、乗用車での来場は難しいでしょうね。

 

おそらく、ゆめ咲線のユニバーサルシティ駅または桜島駅からシャトルバスが運行されるのではないでしょうか。

 

また、大阪万博2025の開催までに大阪メトロ中央線を延伸して交通インフラを整備されることも発表されています。

 

東京だけでなく、大阪の交通インフラもさらに発展していきそうですね!

スポンサーリンク

チケットの値段や発売日はいつから?

 

チケットの発売日や値段はまだ未定です。

 

誘致関係者によると、当日券の料金は4,800円(大人)を予定しているとのこと。

割引の前売り券や障害者向けの特別割引も検討しているそうです。

参考:毎日新聞

 

大規模なイベントとしては、安価な料金設定ではないでしょうか。

ちなみにユニバーサルスタジオ・ジャパンの1日パスは7000円前後となっています。(時期によって変動)

 

さまざまな展示や体験型イベントが用意されるので、家族で行っても絶対に楽しめそうですよね!

スポンサーリンク

大阪万博2025の開催スケジュールは?

 

大阪万博2025は2025年5月3日~11月3日までの185日間となっています。

 

開催期間は意外と長く、約半年間も開催されますね!

 

開催期間は長いですが、もちろんかなりの混雑が予測されます。

入場やイベント観覧までいったい何時間待つのか…気になりますね(笑)

 

ちなみに、大阪万博2025のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」となっています。

 

拡張現実(AR)複合現実(MR)といった最新技術を駆使した運営が予定されているそうで、若い世代の方もかなり楽しめそうな雰囲気がしますね!

スポンサーリンク