『どがらじ』スリープ機能の使い方。録音後にPCをシャットダウンする方法

 

『どがらじ』はインターネットラジオと動画を楽しむことができるWindows専用の無料ソフトです。

リアルタイムでラジオや動画を視聴できるのはもちろん、番組を録画して後から視聴することも可能。

 

夜間に寝ながらラジオを聴いたり、深夜のラジオ番組を録画する場合、

スリープ機能でPCをシャットアウトしたい!

と思ったことはありませんか?

 

  • 寝ながらラジオを聴いていたらいつのまにか寝てしまった!
  • 深夜の番組を録音した後にPCをシャットダウンしておきたい!

 

この記事では『どがらじ』でスリープ機能を使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

『どがらじ』で使えるスリープモード

 

どがらじではバージョン1.4.0からスリープモード搭載されました。

 

スリープモードは録音後にPCをスタンバイ状態にすることができる機能。

 

シャットダウンではなく、スタンバイなので電源はONになったまま。マウスやキーボードを押すとスリープモードは解除されます。

現在、どがらじの機能では録音後にPCをシャットダウンする機能はありません。

 

もちろん、スタンバイ機能でも電力削減になりますが、夜中にずっとPCの電源がONになっていると、なんだか気になりますよね…

 

そこで、PCをタイマーでシャットダウンすることができるソフトを併用することで、この問題を解決することができます。

スポンサーリンク

『Wise Auto Shutdown』で録音後にPCをシャットダウンできる

 

フリーソフト『Wise Auto Shutdown』は指定した日にち・時間にPCをシャットダウン・再起動・休止状態などの電源管理ができるフリーソフトです。

参考:freesoft100

 

使い方は簡単で、録音する番組の終了時間の10分後くらいの時刻でシャットダウンの設定をすればOK!

 

録音が終了すると勝手にPCがシャットダウンされますよ!

 

『Wise Auto Shutdown』こちらのサイトから無料でダウンロード可能です。(Windows専用)

(販売元のサイトへリンクしています)

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

フリーソフト『Wise Auto Shutdown』を使えば、どがらじだけではなくPCでYoutubeやAmazonプライムビデオなどで動画をみているとき、タイマー機能がを使いたい場合にも活用できますよ!

 

動画を見ながら寝てしまっても安心ですよね!

 

ダウンロードやタイマーの設定は誰でも簡単にできるので、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク