土用の丑の日はうなぎ以外で安く済ませる!美味しい鱧(ハモ)の蒲焼きレシピ

 

今年も土用の丑の日がやってきました!

 

ふっくらとした焼き上がりのうなぎ

栄養も豊富で夏バテぎみの体にはぴったりの食べ物ですよね!

 

2018年 土用の丑の日は

7月20日(金)

8月1日(水)

 

つまり、今年は2度あるのです!

 

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのかというと

 

江戸時代に「夏はうなぎが売れない」と相談を受けた蘭学者の平賀源内が

『土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし』

と宣伝をしたことがルーツとなっているそうです。


スポンサーリンク

 

うなぎって高くないですか…?

 

土用の丑の日って

うなぎの値段がすごく高くなりますよね…

 

毎年のようにうなぎの高騰がニュースの話題となりますが

 

2018年は特に天然のシラスウナギの漁獲量が激減しているため

例年の約3倍の値段になるそうです!

 

 

ちなみに、スーパーで売っているうなぎ1尾の相場は

外国産…1,000~2,000円

国産…2,000~4,000円

 

外食でうな重を注文するのであれば

国産うなぎであれば5,000円以上は覚悟しておかないといけないでしょう。

 

た、高い…

 

まるでうなぎ!? 鱧(ハモ)の蒲焼き

 

うなぎ価格の高騰を受けて、うなぎの代わりとなる食材が注目を集めています。

 

中でも「まるでうなぎ!」と絶賛されているのが

鱧(ハモ)の蒲焼きなんです!

 

 

福岡県 豊前市の水産振興施設「うみてらす豊前」では

旬を迎えている鱧(ハモ)を使った「はも重」を提供しています。

この時期の鱧(ハモ)は脂がのって非常にふっくらでジューシー。

 

「うなぎは高いからちょっと…」

という方は 鱧(ハモ)の蒲焼きで土用の丑の日を楽んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、鱧(ハモ)の蒲焼きは自宅でカンタンに作ることができますよ♪

 

毎日新聞:土用の丑 ハモの蒲焼きはいかが うみてらす豊前


スポンサーリンク

 

超カンタン!鱧(ハモ)の蒲焼きレシピ

 

 

食材

  • ハモの開き(骨切り) 1/3尾
  •  少々
  • 蒲焼きのタレ 少々
  • 山椒 お好みで

 

作り方

  1. 鱧(ハモ)の表面に適量の塩を振りかけてグリルで焼く。
  2. 表面が焼けてきたら、蒲焼きのタレをつけては焼くを4〜5回繰り返す
  3. 焦げ目がついて中心まで焼けたら山椒を振りかけて完成!

 

そのまま食べてもOKですし、ご飯にのっけて「はも重」にしても美味しいですよ!

 

2018年 土用の丑の日は

7月20日(金8月1日(水)です!

 

今年は「鱧(はも)」で暑い夏を乗り越えましょう♪

こちらもチェック!

 

スポンサーリンク