シャワーで済ませてない?夏場でも絶対に入浴をした方がいい3つの理由

暑い日が続くと、いちいち湯船に浸かるのも面倒なるので

シャワーで済ませてばかりの人が増えてきます。

 

  • 夏バテがひどい
  • 皮膚トラブルが多くなった
  • 寝つきが悪くなった

 

こんな体調の変化がある人はもしかすると

「入浴していないこと」が原因となっている可能性があります。

 

入浴には健康にプラスとなる効果がいくつもあるので

健康・美容に気を使う人はぜひシャワーで済ませずに湯船に浸かるようにしましょう!

 

今回は夏場でも入浴をした方がいい理由について紹介していきます!

 

✅こちらの記事もよく読まれています

伝わりやすい食レポの文章とは?上手な書き方や言い回しのコツ

伝わりやすい食レポの文章とは?上手な書き方や言い回しのコツ

2018.08.08


スポンサーリンク

毛穴の詰まりを解消する効果

夏場でも入浴した方がいい理由として最初に挙げるのが、毛穴詰まりが解消されやすいということです。

湯船に浸からずシャワーのみで済ませる場合は毛穴ケアにも限界があります。

特に背中はセルフケアが難しい箇所なので、毛穴トラブルも発生しがち。

 

効果的に毛穴の汚れを除去するためには、入浴をして毛穴をしっかり開かせることがとても大切。

37度~39度程度のお湯に10分程度浸かれば、毛穴も開きやすくなり、余分な角質も柔らかくなって汚れを落としやすくなります。

 

毛穴詰まりが解消されると、それが原因で引き起こされていた 体ニキビの予防も期待できますよ!

 

体の血行を良くする効果

 

湯船に浸かった方がいい理由として更に挙げるのが

血行を良くすることができるというものです。

 

体の血行が悪くなると冷えやコリ、便秘、貧血、むくみ、腰痛など多様な体調不良を引き起こす原因となる場合があります。

 

中でも、冷えは生理痛を酷くしたり基礎代謝の低下にも繋がることもあるので

女性は特に意識されたい部分ですね!

 

夏は冷え知らずなイメージがありますが、長時間冷房の効いた部屋にいたり屋内でデスクワークなどをしていると知らず知らずのうちに体が冷え切っていることがあります。

 

体を温めると日々のだるさや体調不良も改善される可能性があるので、夏こそ湯船でしっかり体の内側を温めるようにしましょう。


スポンサーリンク

時間帯を調整すれば熟睡効果も!

湯船に浸かった方がいい理由の3つめは

時間帯を調整すれば熟睡効果も得られる可能性があるということです。

 

夏は夜も寝苦しかったり、インドアな趣味に熱中していてなかなか興奮が収まらず寝付けないということがありませんか?

 

夏場に睡眠不足や寝付きの悪さを感じている時は、お風呂に入る時間をずらして湯船にもきっちり浸かるようにしてみましょう!

 

人の体は体温が一気に低下した時に眠気を覚えるようにできています。

体温を手っ取り早く上げられる手段こそが入浴です。

 

ただ湯船に浸かるだけでもリラックス効果がありますが、

アロマバスやマッサージなどを合わせて行うとより肉体的・精神的にも緊張が和らぎますよ!

 

入浴は活動状態中の体を効率的に睡眠向けに整えてくれる手段なので、夏の睡眠に悩んでいる人は試してみましょう。

 

まとめ

 

夏場でも入浴をした方がいい理由を紹介しました。

 

体中の毛穴詰まり、血行改善、睡眠改善など色々な効果が一度に得られるかもしれない

入浴はやらないと損と言っても過言ではありません。

 

シャワーだけで簡単に済ませず、バスタイムをゆったりとくつろぐ習慣を定着させたいものですね。

 

✅こちらの記事もよく読まれています

生活保護を受けているシングルマザーは彼氏がいると不正受給になるの?

生活保護を受けているシングルマザーは彼氏がいると不正受給になるの?

2018.08.07


スポンサーリンク


スポンサーリンク

こちらもチェック!